ベトナム自動車市場環境分析:Toyota自動車が独走 他の日本の輸入車はついていけるのか?

發布日期:2020/12/14
數據期間:2020/01/01-2020/06/30
文章瀏覽數:103
關鍵字:

ベトナムは億近い人口を抱え、自動車市場は急成長している。i-Buzz Asiaベトナム自動車産業研究報告によると、日本車がベトナムの人々に愛されていることが分かった。手ごろな価格と耐久性を備えた日本車は、評判が良く、人々が車を購入する第一候補となります。しかし、今のところToyotaだけが口コミで特に優れており、他の日本ブランドが頑張らなければ、他の国の強いブランドに追いつかれてしまう恐れがある。では、どのようなポイントをしっかりとつかめばいいのでしょうか?

 

 

車種別シェア分析:ベトナムの都市は車が多くて道が小さい 移動に便利な小型セダンが人気だ

 

i-Buzz Asiaベトナム自動車産業研究報告を見ると、ベトナムで最も議論されている車種はセダンだという。ベトナムは道路が小さく、車両が多く、特にハノイやホーチミンのような大都市では、小型のセダンが便利で移動しやすい。また、政府は二人っ子政策(two-child policy)を実施しており、小型セダンは一般家庭の需要を十分に満たすことができる。

 

 

SUVやMPVも人気がある。ベトナムの公共交通機関は施設が限られているため、多くの顧客が外出に適した車種を買って、他の地域に自分で旅行に行く。そのためRV(Recreational Vehicle)が盛んに議論された。

 

 

ブランドの口コミ数分析:日本ブランドが人気 Toyotaが口コミで優勝

 

ベトナムの消費者は長い間、日本車に対して信頼と好感を持っており、i-Buzz Asiaベトナム自動車産業研究報告データによると、Top10ブランドの半分は日本車であり、Toyotaは価格が手ごろで、耐久性があるため、ほとんどの家庭用車需要に適合している。そのため、Toyotaは日本のブランドの中でも目立ち、口コミ数で他のブランドを大きく上回っています。また、修理が簡単で中古の売買がしやすいという理由でToyotaを選ぶ人も多く、ベトナムの道路にToyota車があふれる現象が起きている。

 

唯一のベトナム国内自動車ブランドであるVinfastは、ベトナム最大の民間企業の子会社で、登場するや否や消費者の注目を集めた。また、ベトナム人は愛国心から、国内初の自動車ブランドを支持したことで、Vinfastはブランドの口コミで4位にランクインするなど、他のブランドにとっては無視できない強力なライバルとなった。

 

 

 

製品の口コミ数分析:低・中価格帯車種が人気 Toyota Viosは見は目がシンプルなのに、第一候補となっている

 

i-Buzz Asiaベトナム自動車産業研究報告を見ると、Top10の自動車のうち、Toyota傘下の自動車はTop4を占め、強力な競争力を持つ「セダン、MPV、SUV」の3種類の人気車種をカバーしていることが分かった。そして注目すべきは、Toyota、Mitsubishi、Mazda、Kia、Honda傘下の車種は、ベトナムの人々に適した低・中価格帯戦略をとっており、消費者は現在、中・低価格をより受け入れており、価格にも敏感であることを示している。

 

車種別から見ると、ほとんどの車がセダンであり、ベトナムの消費者のセダン好みが改めて証明された。なかでもToyota Viosは、Toyotaがベトナムで最も多く販売している車であり、2019年のベトナム自動車市場でも優れている。Toyota Viosは見た目はシンプルでありながら、自動車に対する消費者の一般的なニーズと期待に満たしています。ベトナムの消費者にとって、自動車は単なる乗り物ではなく、個人の財産でもある。また、車の保守や修理、燃料費も消費者の予算の大きな部分を占めている。そのため、低燃費、耐久性、修理しやすさ、そして売るときにいい値段で売れる車が期待されており、Toyota Viosはこれらの期待に応えています。

 

 

 

自動車関連の人気キーワード:エンジン性能は消費者の購買意欲に影響を与え 製品保証は購入のプラスになる

 

i-Buzz Asiaベトナム自動車関連の人気キーワードによると、消費者が最も気にするのはエンジン、つまり車がうまく走れるかどうかであり、エンジンの性能は基本的な要求だ。また、製品保証も考慮のポイントです。自動車ブランドによっては、部品が高価だったり、買いにくいものもありますので、しっかりとした製品保証を提供することがプラスになります。エンジンや製品保証以外にも、車の外観や内装のデザイン、搭載されているテクノロジーなど、さまざまな要素が重視されます。

 

 

 

ブランドのプラス・マイナス評価分析:Mitsubishiのデザインには改善が必要 Hondaは防音効果を高めないといけない

 

i-Buzz Asiaベトナム自動車産業研究報告は、ベトナムの5つの自動車ブランドを対象にプラス・マイナス評価分析を行った。全体的にToyotaは比較的安定しており、それ以外のブランドは改善できるところがある。たとえばMitsubishiは見た目が悪く、備品が高価な割合が高い。ベトナムのネットユーザーによると、Mitsubishiの車は、たとえばMitsubishi Attrageは見た目が悪く、デザインが少し「太い」とされているほか、Mitsubishiの車や代理店が少ないため、備品も見つけにくくなっているという。また、Honda、特にHonda Cityの防音効果は強化しなければならない。あるいはMazdaの不快な臭いの問題も、評価分析から一目瞭然です。他の日本ブランドがToyotaに追いつくためには、こうした消費者の評価は無視することができません。

 

 

 

4つの観察ポイントを把握 日本車はさらに進む

 

日本の自動車ブランドは品質が良く、価格も手ごろで、ベトナムの消費者に評価されているが、最近、各国のブランドがベトナム市場に注目しているため、日本車はこうした潜在的な脅威に気づき、ベトナムの自動車市場のポイントを把握しなければならない:

 

一、セダンが最も人気の車種: ベトナムの道路状況や家族人数に応じて、小型セダンの方が現地市場で人気がある。

二、消費者は価格に敏感です: ほとんどのベトナム人は所得が高くなく、自動車に対して低・中価格帯の車を好みます。

三、メンテナンスの利便性を重視: ベトナム人は車を購入するとメンテナンスのコストを考慮し、メンテナンスがしやすい車を好み、製品保証サービスも気になります。

四、エンジンは車の購入の鍵です: 車のエンジン性能はベトナム人の車を購入する基本的な要求です。

 

▁▁▁▁▁▁▁▁▁▁▁▁▁▁▁▁▁▁▁▁▁▁▁▁▁▁▁▁▁▁▁▁▁▁▁▁▁▁▁▁▁▁▁▁▁▁▁▁▁▁▁▁▁▁▁▁▁▁▁▁▁▁▁▁▁▁▁▁▁▁▁▁▁▁▁▁▁▁▁▁▁▁▁▁▁▁▁

 

▌i-Buzz Asiaアジア市場研究レポート

i-Buzz Asiaは口コミ分析サービスを提供する台湾のデジタルマーケティング会社です。業界最大級のクチコミデータベースによって収集された東南アジア圏のネット上のクチコミ情報を統合的に分析し、「i-Buzz Asiaアジア市場研究レポート」を作成するサービスを支援しています。これにより、東南アジア各産業の市場動向や消費者ニーズを深く理解することが可能となります。

 

東南アジアの市場動向について、ご興味のある方はこちらへ 
https://www.i-buzz.com.tw/user/contact/jp

▁▁▁▁▁▁▁▁▁▁▁▁▁▁▁▁▁▁▁▁▁▁▁▁▁▁▁▁▁▁▁▁▁▁▁▁▁▁▁▁▁▁▁▁▁▁▁▁▁▁▁▁▁▁▁▁▁▁▁▁▁▁▁▁▁▁▁▁▁▁▁▁▁▁▁▁▁▁▁▁▁▁▁▁▁▁▁▁

 

#