シンガポール自動車市場環境分析: 富裕層はドイツの高級車を愛し 日本の高級車ブランドの姿が消えた

發布日期:2020/09/03
數據期間:2020/01/01-2020/06/30
文章瀏覽數:139
關鍵字:

シンガポールは世界で2番目に人口密度の高い国です。世界都市として、シンガポールは公共交通機関が発達しており、地下鉄とバスは民衆の外出の主な手段になっている。高価な保有証明書(Certificate of Entitlement)と電子道路課金制度(ERP:Electronic Road Pricing)よって、自動車を保有することがシンガポールの中高所得層のステータスシンボルとなっている。そのため、多くの海外車メーカーが進出し、中でもドイツや日本のブランドが人気を集めています。では、日本車は競争が激しいシンガポールの自動車市場で優位を保ち、ドイツ車のハイエンド市場でのシェアを奪うにはどうすればいいのだろうか?

 

 

車種別シェア分析:シンガポールは小家族を中心に セダンが大好きな車種だ

 

i-Buzz Asiaシンガポール自動車産業研究報告を見ると、車種別では、セダンは SUV やハッチバックよりもシンガポール人に人気があることがわかった。これは、シンガポールの平均世帯人数がわずか3.16人で、「3人家族」が多い、大きな SUV よりセダンを買う傾向が強いためだ。また、シンガポールは道幅が狭く駐車スペースが狭いため、車体が短いハッチバックも人気だ。一方、SUV を購入するのは通常、上の世代の大家族や資金の多い富裕層である。

 

 

 

ブランドの口コミ数分析: 二強争覇 富裕層はドイツ車を愛し、中産階級は日本車を好む

 

シンガポールの自動車ブランドTop10を見ると、ドイツと日本の輸入車が最も人気で、ドイツ車が5社、日本車が3社、韓国ブランドとイタリアブランドがそれぞれ1社だった。シンガポールでの車の維持費は高い。政府は道路の渋滞緩和のため、市街地に向かう自動車に対して36円から430円の税金を課す一方、自動車の台数を減らすための保有証明書制度(Certificate of Entitlement)が定着し、保有証明書1枚が359万円になった。この2つの要因によって、シンガポールの中高所得層だけが車を購入できるようになっている。

 

 

ドイツ車は富裕層に人気があり、日本車は中産階級に好まれています。シンガポールの中産階級の家庭は安定した収入があり、子どもの通学やスーパーでの買い物に行くために車を持ちたいと考えているが、資金が限られて、巨額の自動車ローンを支払うことができない。そのため、手頃な価格の日本車が最適です。一方、富裕層はそうではなく、生活の質や社会的地位を重視し、高い価格でも購入できるため、 BMW、Porsche、BenzそしてAudiは現地で高い評価を得ている。このように、日本車はハイエンド市場での競争力が弱く、その口コミの数はドイツ車にやや劣る。

 

 

製品の口コミ数分析:中産階級は日本のセダンやハッチバックを買うことができます ドイツ車を買うことはできません

 

i-Buzz Asiaシンガポール自動車産業研究報告を見ると、シンガポールでの人気車種は日本ブランドが多く、その中でもHonda Jazzが最も人気で、Toyotaの車種が最も多く、そしてMazdaは2車種がランクインした。Honda Jazzは、短い車体と折り畳み可能な後部座席のため、小家族が買い物に出かけたり、狭い道で車を止めたりすることができる上、がわずか538万円の価格(保有証明書付き)、現地で最も安い車の一つなので、中産階級の家族の間で非常に人気があります。

 

口コミで広がっている車種のToyota Vios、Toyota Corolla Altis、Mazda 3、Mazda 6などは、価格が611万円から719万円の間で、内部空間がハッチバックより広く、ドイツのセダンを買えない中産階級に好評だ。これに対して、ドイツのセダン「Benz A-Class」と「BMW 3シリーズ」は、1222万ー1474万円と、日本のセダンより2倍高い。そのため、ドイツの自動車ブランド全体の口コミ数は多いものの、個別車種の口コミが日本車に及ばない。

 

 

 

自動車関連の人気キーワード:価格とブランドが最も重要で、ハイブリッドが人気

 

i-Buzz Asia国際研究レポートにより自動車関連の口コミ情報を分析したところ、シンガポールの消費者は車の価格やブランドに最も関心があり、エンジンやデザインもそうだ。価格面では、日本車が優位で、一般的にはドイツ車の半分に過ぎないが、高級車では、日本車はブランドの優位性がありません。高級セダンや SUV といえば、消費者がまず思い浮かべるのはドイツの BMW、Porsche、Benz、Audiで、日本のブランドはLexusだけだ。その他のブランドであるToyota Camry、Toyota Alphard、Toyota Harrierは、車種について話すときだけ個別に取り上げられる。富裕層はブランドを富の象徴と見なしており、日本の自動車メーカーはこの点に注意を払うべきである。

 

また、シンガポールの消費者は自動車のエンジンやデザインに注目している。中産階級や富裕層は自動車を購入できるため、エンジンや外観を重視し、社会的地位や運転の快適性を図っている。そして、エンジンは昔からドイツ車の強みであり、外観は日本車の強みであり、両者にはそれぞれの強みがある。

 

 

注目すべきは、ハイブリッド(hybrid)が産業の人気キーワードの一つになっていることだ。シンガポール政府は電気自動車(EV)やハイブリッド車(HV)に対する自動車税の減免を実施し、消費者に従来の車の代わりにエコカーを使うよう促している。口コミでは、ハイブリッド車のHonda Jazzは消費者に人気があり、これは日本車がドイツ車に勝る要件となっている。

 

 

ブランドのプラス・マイナス評価分析:エンジンとテクノロジーはドイツ車の強み 日本車は外観と内部空間に勝る

 

さらにシンガポールにある5つの自動車ブランドのプラス・マイナス評価を分析すると、現地の消費者はドイツと日本のブランドに対して異なる意識を持っていることが分かった。価格が高く、高級車を主力とするドイツ車は、エンジンが力強く、乗り心地と技術が進んでいるという印象をシンガポールの消費者に与える。消費者はドイツ車について、シンガポールの平坦な高速道路を走れるエンジン性能とその安定性を賞賛する傾向がある。また、ドイツ車の内装も好評で、音声コントロールやタッチコントロール、スマートスクリーンなどのハイテクを搭載した機能が消費者に好まれている。

 

日本車は外観のデザインが良く、内部空間が広いというメリットがありますが、エンジンやノイズコントロールではやや劣ります。日本の美意識は、優雅さとシンプルさという車体デザインに対するシンガポール人の考えに近い。そして、その広々とした内部空間は、シンガポール人の実用主義にもマッチしている。これは、買い物に出かけるとき、物を置くスペースが必要であり、親戚や友人を乗せるtompang(マレー語で「乗る」という意味)文化が流行しているからである。日本車は、生活の質を重視する高所得層を満足させるために、やはりエンジンや車内の防音に力を入れる必要がある。

 

 

 

中価格帯市場を強固に ドイツ自動車主導の高価格帯市場を開拓

 

「i-Buzz Asiaシンガポール自動車産業研究報告」は、日本の自動車ブランドの強みと弱みを多角的に分析した。日本の自動車ブランドは主にシンガポールの中産階級を対象に、品質の良い、手ごろな価格の自動車を提供することを主張している。そして、日本車メーカーは中小型車に注力し、車内空間、外観デザイン、信頼性を最適化している。特にエントリーカーでは、日本車の種類がドイツ車よりもはるかに多く、資金に余裕のない中産階級の家庭が車のローンを支払えるようになっています。このように、日本ブランドは中価格帯市場で明確なマーケティングポジショニングを持っていることを示しています。

 

しかしながら、高価格帯市場での日本車のパフォーマンスは芳しくなく、富裕層が重視するエンジン性能や安定性が不足しており、日本の自動車ブランドはハイエンド市場で名を馳せることができません。これは日本車が高級車の販売において、ドイツ車ほどマーケットセグメンテーションに注意を払っていないためだ。日本のブランドの中で、高級車として位置付けられているのはLexusだけで、ドイツの高級車ブランドにはBMW、Porsche、Benz、Audi、およびフォルクスワーゲン(Volkswagen)傘下のイギリスのBentleyがある。高級車ブランドのイメージは、ハイエンドやニッチ市場でのドイツ車の成功を反映し、シンガポールの富裕層の社会的地位を強調するのに役立つ。そのため、日本車は高級車ブランドのイメージを形成するためにもっと注力し、エンジンを改良することで、高価格帯市場でドイツ車との競争を図るべきだ。

 

 

▁▁▁▁▁▁▁▁▁▁▁▁▁▁▁▁▁▁▁▁▁▁▁▁▁▁▁▁▁▁▁▁▁▁▁▁▁▁▁▁▁▁▁▁▁▁▁▁▁▁▁▁▁▁▁▁▁▁▁▁▁▁▁▁▁▁▁▁▁▁▁▁▁▁▁▁▁▁▁▁▁▁▁▁▁▁▁▁

 

▌i-Buzz Asiaアジア市場研究レポート

i-Buzz Asiaは口コミ分析サービスを提供する台湾のデジタルマーケティング会社です。業界最大級のクチコミデータベースによって収集された東南アジア圏のネット上のクチコミ情報を統合的に分析し、「i-Buzz Asiaアジア市場研究レポート」を作成するサービスを支援しています。これにより、東南アジア各産業の市場動向や消費者ニーズを深く理解することが可能となります。

 

東南アジアの市場動向について、ご興味のある方はこちらへ 
https://www.i-buzz.com.tw/user/contact/jp

▁▁▁▁▁▁▁▁▁▁▁▁▁▁▁▁▁▁▁▁▁▁▁▁▁▁▁▁▁▁▁▁▁▁▁▁▁▁▁▁▁▁▁▁▁▁▁▁▁▁▁▁▁▁▁▁▁▁▁▁▁▁▁▁▁▁▁▁▁▁▁▁▁▁▁▁▁▁▁▁▁▁▁▁▁▁▁▁

 

#