タイ化粧品市場環境分析レポート: 欧米と韩国に挟撃され、日系ブランドはどう劣勢を挽回するのか?

發布日期:2020/07/15
數據期間:2019/01/01-2019/12/31
文章瀏覽數:375
關鍵字:

タイは東南アジア諸国連合(ASEAN)地域最大の化粧品市場であり、多くの国際ブランドがここに工場を建設していることから、アメリカ、ヨーロッパ、韓国、日本を中心とした競争が繰り広げられている。i-Buzz Asia国際産業研究レポートによると、ほとんどの日本ブランドの口コミ数が欧米や韓国のブランドに負けており、Shiseido(資生堂)だけが好調で、1位にランクされる。これは日本ブランドが実際にある程度の実力を持っていることを証明している。果たして日本ブランドの多くはどこに負けているのだろうか?状況を変えるにはどのようなポイントを把握すればいいのか?

 

 

化粧品関連の口コミ数の推移:年間を通じて多段階である 3月の夏休みが重要な販促シーズン

 

i-Buzz Asia国際産業研究レポートの口コミ情報を分析したところ、ベトナムとは異なり、タイでは化粧品の販促シーズンが多く、6ー8月には台湾の百貨店の周年慶(創業祭)セールにあたる「サプライズショッピングフェスティバル」、10月には観光客向けの「ショッピングシーズン」があり、観光シーズンを迎える。しかし、肝心なのは毎年3、4月の夏休み期間で、2カ月半に及ぶ長い休暇が口コミをピークにしています。

 

 

 

化粧品関連の口コミ情報源:Facebook、Instagram、掲示板ともに重視すべき Pantip化粧品セクションの口コミ数は3位にランクイン

 

タイの化粧品産業における口コミの多くはソーシャルメディアによるもので、その中でもFacebookやInstagram からの割合が高く、化粧品ブランドがタイ市場に参入する際は、ソーシャルメディアの口コミに注意を払う必要がある。特に「orderbeauty」など、近年急速に発展している化粧品小売業者は、InstagramとFacebookの両方のファングループをプロモーションや新製品の宣伝用のプラットフォームとして運営することがよくあります。それと同時に、掲示板の影響力も侮ってはならない。タイの人気化粧品チャンネルTop10を見ると、Pantipの化粧品セクションは第3位にランクインしており、話題の内容が消費者の声を反映していることが多いため、掲示板での口コミを外すことはできない。

 

 

 

化粧品産業の競合状況:欧米のブランドが強い 日本のブランドはShiseidoしか残っていない

 

i-Buzz Asia国際産業研究レポートによると、アメリカ、ヨーロッパ、韓国、日本4カ国が化粧品市場を分けている。アメリカブランドが最も優れており、韓国の多くのブランドがトップ10入りした一方、日本のブランドは後れを取っています。欧米の強さや韓流ブームの影響からどう抜け出すかは、日本ブランドにとって最大の課題だ。

 

タイの人気化粧品ブランドTop20を見ると、日本ブランドShiseidoが首位を獲得しており、そのスキンケアやメイクアップも口コミを積み重ね、日本ブランドが他国に勝る力を持っていることがわかります。しかし、2位から18位まではアメリカ、ヨーロッパ、韓国ブランドで占められ、SK IIやShu Uemuraなどの有名な日本ブランドが大きく後れを取り、日本ブランドの平均口コミ数はアメリカ、ヨーロッパ、韓国に及ばないようにする。

 

 

 

人気化粧品:日本「美容液」製品は惨敗した 「ファンデーション、口紅」はアメリカのブランドと戦う価値がある

 

i-Buzz Asia国際産業研究レポートによると、タイではメイクアップやスキンケアの口コミが多く、スキンケアの話題は「美容液、エッセンス、ジェルパック」の3品目に集中している。美容液とエッセンスは、タイの消費者の基本的なスキンケア製品であると同時に、タイが徐々に高齢化社会に入るにつれて、アンチエイジング製品の口コミが広がっている。また、最も人気のあるメーキャップ製品はファンデーション、口紅、アイシャドウで、タイ人は白い肌の美意識があるため、ファンデーションが重要なステップとして第一位の話題になっている。

 

 

i-Buzz Asia国際産業研究レポートは、ヨーロッパ、アメリカ、日本、韓国の主要製品の口コミを分析したところ、スキンケア製品での競争はメイクアップよりも激しいことが分かる。スキンケアでは、日本ブランドの美容液が明らかに遅れをとっており、エッセンスではヨーロッパブランドに僅差で負けている。日本は製品の良い潜在能力を持って、他の国との大きなギャップを埋めるために、精華液の口コミを強化すべきです。メイクアップでは、ファンデーション、口紅、アイシャドウのいずれもアメリカブランドがリードしているが、日本ブランドは、ファンデーションや口紅の口コミ数でアメリカに次ぐ第2位であり、まだまだ発展と拡大の余地がある。

 

 

 

化粧品関連の人気キーワード:スキンケアは「保湿」効果を重視 「リアル店舗」が主要な販売ルート

 

日本のスキンケア製品はヨーロッパや韓国ブランドと競合するため、i-Buzz Asia国際産業研究レポートの人気キーワードを通じて消費者ニーズを把握することができる。「肌の状態」と「保湿需要」は、2つのスキンケアのポイントです。「スージング(舒緩)、艶やか(光澤)、みずみずしい(粉嫩)、スキンコンディショナー(爽膚)」などの人気キーワードがすべて肌に関連していることから、タイ人は特に「肌の状態」を重視していることが分かる。また、タイの気候は乾湿がはっきりしているため、消費者が保湿を重視しており、「潤い、水分補給」の機能が最も多く取り上げられており、マイナスのキーワードに出てくる「乾燥」も「保湿」の重要性を改めて訴えている。

 

 

また、タイ化粧品産業のキーワードは、他の東南アジア諸国とは異なり、「販売ルート」が一番人気です。この中で、「リアル百貨店」というキーワードは、 タイ人が製品をリアル店舗で購入する傾向を反映している。そのため、周年慶(創業祭)や販売促進、限定などのイベントも注目されている。これらはタイ化粧品市場への進出に欠かせない重要な関心事だ。

 

 

タイ化粧品市場のポイントをしっかりつかめば 日系ブランドが市場の主導権を取り戻すことが期待される

 

i-Buzz Asia国際研究レポートの調査結果をまとめてみると、日本ブランドはタイ市場で強敵に遭い、口コミ数で他国ブランドに及ばなかった。ところが、Shiseidoが強敵に囲まれながらも立ち続けていることは、日本ブランドの強さを証明している。他の日本ブランドが劣勢を挽回するためには、これらのカギを握らなければならない。

 

タイの化粧品市場では、「多元化」の特性が一目瞭然で、1年に3つの重要な化粧品販促シーズンがあり、 Facebook、Instagram、掲示板はいずれも口コミの出所であり、人気の化粧品もかなり多い。日本のブランドは、「美容液、エッセンス、ジェルパック」などの主要製品の口コミを把握し、タイ人が重視する「肌の状態」と「保湿需要」のキーポイントをつかみ、リアル百貨店の販促シーズンに合わせる必要があります。そして、これらの製品によって、タイでの他の日本ブランドの人気を徐々に高め、ヨーロッパ、アメリカ、韓国などの強力なブランドから市場の主導権を取り戻す方向に向かって努力していきます。

 

 

▁▁▁▁▁▁▁▁▁▁▁▁▁▁▁▁▁▁▁▁▁▁▁▁▁▁▁▁▁▁▁▁▁▁▁▁▁▁▁▁▁▁▁▁▁▁▁▁▁▁▁▁▁▁▁▁▁▁▁▁▁▁▁▁▁▁▁▁▁▁▁▁▁▁▁▁▁▁▁▁▁▁▁▁▁▁▁▁

 

▌i-Buzz Asiaアジア市場研究レポート

i-Buzz Asiaは口コミ分析サービスを提供する台湾のデジタルマーケティング会社です。業界最大級のクチコミデータベースによって収集された東南アジア圏のネット上のクチコミ情報を統合的に分析し、「i-Buzz Asiaアジア市場研究レポート」を作成するサービスを支援しています。これにより、東南アジア各産業の市場動向や消費者ニーズを深く理解することが可能となります。

 

東南アジアの市場動向について、ご興味のある方はこちらへ 
https://www.i-buzz.com.tw/user/contact/jp

▁▁▁▁▁▁▁▁▁▁▁▁▁▁▁▁▁▁▁▁▁▁▁▁▁▁▁▁▁▁▁▁▁▁▁▁▁▁▁▁▁▁▁▁▁▁▁▁▁▁▁▁▁▁▁▁▁▁▁▁▁▁▁▁▁▁▁▁▁▁▁▁▁▁▁▁▁▁▁▁▁▁▁▁▁▁▁▁

#