マレーシア化粧品市場環境分析レポート: 日本のメイクアップブランドが不振 ファンデーションはその要因

發布日期:2020/07/07
數據期間:2019/01/01-2019/12/31
文章瀏覽數:962
關鍵字:

マレーシアの化粧品市場はすでに成熟しており、市場に出回っている化粧品は6万種以上あり、わずか一年の売上高は新台湾ドルの75.8億元に達します!i-Buzz Asia国際産業研究レポートによると、マレーシアでは日本より欧米のメイクアップブランドのほうが人気があります。台湾人がよく知っている日本のブランドはなぜここで惨敗したのですか?日本のブランドはどのようなキーポイントを把握して劣勢を挽回し、欧米ブランドとマレーシア市場で競争すべきなのか?

 

 

化粧品関連の口コミ数の推移:3月8日「国際女性デー」セール 西暦と旧暦のお正月に口コミ数が増え

 

i-Buzz Asia国際産業研究レポートの口コミ情報を分析したところ、多くのブランドが3月8日「国際女性デー」で女性に還元することを理由に販促活動を行ったことから、3月の化粧品関連の口コミ数は年間で最高だった。もう一つの注目すべき販促シーズンは1月から2月にかけて、ブランドは西暦と旧暦の新年に年末セールを行い、女性にきれいなメイクをして新しい一年を迎えるよう促すと同時に、華僑の年始回りの習慣によって、化粧品の売り上げを促進しました。

 

 

 

化粧品関連の口コミ情報源:IGインフルエンサーマーケティング効果が大きく インフルエンサーの影響力を活かせ

 

口コミ情報源から分析すると、マレーシアの化粧品関連の話題は主にSNSに集中している。特に、Instagramは口コミ数がFacebookを上回り、マレーシア化粧品市場でインフルエンサーマーケティングを行う最前線になっている。また、 Facebook のファンクラブは、メーカーや代理店が販促情報を提供するプラットフォームであり、口コミ数が季節的だ。一方、 Instagram では、マレーシアの美容関連のインフルエンサーが商品を使った効果をそのままアピールし、提携ブランドの商品を露出して消費者に直接購入を呼びかけ、口コミ数はFacebookより持続的である。掲示板の場合は消費者が化粧品について話し合っているため、製品の評判の良し悪しがはっきりとわかれる。

 

 

 

化粧品産業の競合状況:欧米のブランドは上中下層の消費層をカバー 日本ブランドの口コミは弱い

 

i-Buzz Asia国際産業研究レポートによると、マレーシアの化粧品産業は競争が激しい。台湾での日本ブランドが1位を独占したのとは違い、マレーシアでは米国ブランドが4割以上を占め、欧州と日本ブランドがそれぞれ2割ずつを占め、韓国ブランドが続いている。平均口コミ数でも米国ブランドが最も好調で、日本ブランドとの差が開いた。

 

Top20ブランドの口コミ数から見ると、日本ブランドが遅れている理由は、日本ブランドがスキンケアで優れているのに対し、メイクアップは弱く、欧米の化粧品に大きく負けていることがわかります。欧米ブランドの製品は多様で、位置付けがはっきりしています。Bobbi Brown、NARS、La Mer、Estée Lauderなどの高級化粧品が専門売り場や専門店で販売されていますが、中級のUrban DecayやToo Faced、低級のMaybellineはリアル店舗で購入できます。一方、日本の化粧品ブランドの位置づけは高く、 shiseido や shu uemura などは価格が高すぎて、中低価格の消費市場に参入できない。また、売れ行きの良いHada Labo、SK IIなどの日本ブランドは主にメイクアップ製品ではなくスキンケア製品を販売している。そのため、日本ブランドは欧米ブランドのように上中下の消費層をカバーすることができず、スキンケア商品の販売に集中しすぎて、化粧品市場で不振に陥っている。

 

 

 

人気化粧品:ファンデーションはマレーシア人がお気に入り アイメイク重視

 

マレーシア人消費者のメイクアップへの関心はスキンケアを上回り、化粧品産業全体の口コミ数の7割を占めている。だからこそ、日本ブランドはスキンケアが好調でも、全体的な口コミが欧米のブランドに負けているのです。したがって、日本ブランドが欧米ブランドと競争するためには、メイクアップ製品の研究開発とプロモーションにより多くの力を入れなければならない。

 

メイクアップの中で、マレーシア人消費者が最も注目しているのがファンデーションだ。マレーシアは暑くて雨が多く、化粧をしすぎるのが面倒で疲れるため、ファンデーションが外出の定番となっている(女性がフルメイクをするのは、公式の場に出席するときだけです)。そのため、欧米ブランドのファンデーション製品は一日中美白、日焼け止め、皮脂分泌コントロール、保湿などの機能があり、マレーシア人消費者のニーズに応えることができ、消費者に好評だ。また、マレーシアの女性たちは特にアイメイクを重視しているため、アイシャドウやアイライナー、マスカラなどの製品も非常に人気があります。

 

 

 

化粧品関連の人気キーワード:上位は持続性、爽やかさ、便利さ 臭いに対する不満が一番多い

 

日本ブランドがメイクアップ製品で劣勢を挽回しようとすれば、i-Buzz Asia国際産業研究レポートの人気キーワードを通じて消費者の好みを把握することができる。人気キーワードによると、「持続性、爽やかさ、便利さ」はマレーシア人が気にしている3つのキーワードで、ファンデーション製品を指し、ブランドの無視できないポイントだ。また、「色がきれい、発色よい、セクシー」というメイクアップ製品は、消費者の人気を集めている。なお、注意が必要なのは、消費者が最もよく口にするマイナス評価は「臭い」だということだ。一部の日本ブランド製品は「臭い」や「不自然なメイク」でマイナス評価を受けており,マレーシア人消費者のにおいや見た目の好みをさらに研究して改善すべきだ。

 

 

 

メイクアップ市場をしっかり運営 日本ブランドが劣勢を挽回

 

i-Buzz Asia国際産業研究レポートの調査結果をまとめてみると、日本ブランドはマレーシアで苦戦しているようだ。これは、日本ブランドのメイクアップ製品が期待に及ばず、欧米ブランドに負けたためである。しかし、日本ブランドは完全にチャンスがないわけではなく、マレーシア人消費者の好みを把握すれば、劣勢を挽回することができる。

 

マレーシアではスキンケアよりもメイクアップに関する口コミが多く、しかも現在、日本ブランドはメイクアップの情勢が不振で、より心を込めてメイクアップ製品に力を入れる必要がある。日本ブランドは、ファンデーションやアイメイクなどマレーシアでの人気メイクアップ製品に着目すべきだ。ファンデーション製品については、マレーシアの消費者は「持続性、爽やかさ、便利さ」などの特性を重視する一方、日本のブランドも製品のにおいが消費者の好みに合っているかどうか気をつけなければならない。また、アイメイク製品の場合、ブランドが把握すべきは「色がきれい、発色よい、セクシー」などのキーワードだ。そのほか、美容関連のインフルエンサーの影響力をうまく活用し、Instagram で製品をアピールすることができれば、ブランドのさらなる口コミを生み出すことができる。日本の美容ブランドはいつか欧米のブランドにも勝てる!

 

▁▁▁▁▁▁▁▁▁▁▁▁▁▁▁▁▁▁▁▁▁▁▁▁▁▁▁▁▁▁▁▁▁▁▁▁▁▁▁▁▁▁▁▁▁▁▁▁▁▁▁▁▁▁▁▁▁▁▁▁▁▁▁▁▁▁▁▁▁▁▁▁▁▁▁▁▁▁▁▁▁▁▁▁▁▁▁▁

 

▌i-Buzz Asiaアジア市場研究レポート

i-Buzz Asiaは口コミ分析サービスを提供する台湾のデジタルマーケティング会社です。業界最大級のクチコミデータベースによって収集された東南アジア圏のネット上のクチコミ情報を統合的に分析し、「i-Buzz Asiaアジア市場研究レポート」を作成するサービスを支援しています。これにより、東南アジア各産業の市場動向や消費者ニーズを深く理解することが可能となります。

 

東南アジアの市場動向について、ご興味のある方はこちらへ 
https://www.i-buzz.com.tw/user/contact/jp

▁▁▁▁▁▁▁▁▁▁▁▁▁▁▁▁▁▁▁▁▁▁▁▁▁▁▁▁▁▁▁▁▁▁▁▁▁▁▁▁▁▁▁▁▁▁▁▁▁▁▁▁▁▁▁▁▁▁▁▁▁▁▁▁▁▁▁▁▁▁▁▁▁▁▁▁▁▁▁▁▁▁▁▁▁▁▁▁

#